悩んでいても前には進めない…成田のデリヘルで稼げるアルバイトを考えてみませんか?

成田デリヘルの風俗求人相談所

デリヘルでバイトしようか悩んでる

デリヘルで性病になる確率は限りなく低い

投稿日:2016年11月5日 更新日:

未経験者の女性からすれば、もしもデリヘルで働いて性病になったらどうしよう!と、心配する女性も多いと思いますが、ちゃんと講習などで衛生面として性病の知識を得ている女性ならば、ほとんど性病になったなんて女性がいません。

デリヘルで性病になる確率は限りなく低い

この衛生面というのは定期健診という話ではありません。
例えば、ちゃんとした合法店ならば本番行為は本当にありません、挿入行為がない分だけ性病になる可能性は極めて低いというのが現実的な話です。更に衛生面でも、まずお客様との接客毎にイソジンでうがいするのは当たり前、もちろん男性客も必ずイソジンでうがいして貰うのは常識です。そしてプレイ前には必ず男性客の身体を浴室で洗います。講習の時に教わるものですが、目視でコンジロームという性病ではないのを確認し、グリンスという超強力な殺菌力のある石鹸水で男性の局部をきっちり漬込み洗いします!目視で不明なばい菌が繁殖している場合でもグリンスを原液で付ける事により、ヒットすると男性客は激痛で楽しむなんて気持ちにはもうなれない状況ですし、プレイなんて当然できません(笑
デリヘルは初対面の男性客と衛生状況を確認する前に、いきなりプレイするものではありません、初対面の他人だからこそ徹底的なチェックをしないとヘルスは出来ないという事です。但しちゃんとした衛生面の講習を受けずに仕事をしている女性はもちろん例外ですよ?

風俗で性病になる女性はほとんどいない

デリヘルはしっかりした衛生対策をしているお店ならば性病の心配はほぼ無用

風俗で働く女性がなりやすい性病とは

性病という種類の中で、一部の女性が『カンジタ』という性病になる場合がありますが、これは男性客から移された性病ではありません。カンジタは女性自身が発病する性病なのです。

基本的には心配する様な性病ではありません。カンジタになる女性は極度の疲労が継続的に続くと女性自身が発病していまうので、デリヘルで仕事をした後に夜な夜な朝までホストや居酒屋で飲んだくれて、寝る間を惜しんでまたデリヘルで仕事をしているなんて無茶な生活を繰り返していればカンジタにもなりますね。
カンジタは男性に移る可能性は極めてありません、仮にカンジタとなっていながら彼氏や旦那と生で夜の営みをしても、男性の局部は露出しているだけにシャワーで洗い流して終了!といった具合なんです。

女性がカンジタとなった場合は、局部が痒くなり、オリモノが白くボロボロとしたものがでます。産婦人科にいけば痒み止めの塗り薬をつけて3時間程度で痒みは消えます。局部内に殺菌作用の強い錠剤をぽろっと入れて、抗生物質を飲んだら完治します。産婦人科では一週間もあれば確実に治るよといいますが、実際には3日もあれば治っています。カンジタは無茶な生活リズムを治さないと再発しますけどねw

妊婦は旦那とエッチしてなくてもカンジタになりやすい

余談となりますが、女性が結婚して妊娠したら産婦人科に定期健診で毎月通いますよね、その際に医者は目視でカンジタのチェックを必ずしているのです。妊婦はちょっと身体を動かすだけでも大変な労力となるだけにカンジタになりやすいのです。カンジタのまま出産を迎えると新生児が産道を通りカンジタ菌に触れるのを避ける為にチェックされています。

この様にデリヘルで働いて男性客から性病を移されるという心配は非常に低いのが現実的な話です。むしろプライベートの男女のが知識がない分だけ性病になる可能性が高いのではないでしょうか。

当サイトでは貴女の立場にたった無料アドバイス等をしております。
詳しくは『成田デリヘルの無料相談』をご覧下さい。

-デリヘルでバイトしようか悩んでる

Copyright© 成田デリヘルの風俗求人相談所 , 2017 AllRights Reserved.